このエントリーをはてなブックマークに追加


テンポラリファイルの作成・ランダムな文字列の作成を作成する

一時的なファイルを作成したい(テンポラリファイル)ときに使えるメソッドを紹介ます。

関連サイト



スポンサーリンク

動作確認環境

  • Windows 10
  • Visual Studio 2019
  • .NET Core 3.1
  • コンソールアプリケーション

サンプルコード

本サンプルコードは以下の動作になります。

  • GetTempPath
    環境変数に設定してある %TEMP% と同じ値(文字列)が返却さされます。
    一時ファイルを作成するためのフォルダ(ディレクトリ)までのパスとなります。
     
  • GetTempFileName
    実際に一時ファイルが作成され、作成された一時ファイルのフルパス文字列が返却されます。
     
  • GetRandomFileName
    ランダムな文字列を生成するメソッドになります。
    返却された文字列をフォルダ(ディレクトリ)名やファイル名に使用することができます。

C# サンプルコード

using System;

class Program
{
    static void Main(string[] args)
    {
        for (int i=1; i<=3; i++)
        {
            Console.WriteLine("{0}:", i);

            string tempPath = System.IO.Path.GetTempPath();
            Console.WriteLine("GetTempPath: " + tempPath);

            string tempFileName = System.IO.Path.GetTempFileName();
            Console.WriteLine("GetTempFileName: " + tempFileName);
            System.IO.File.Delete(tempFileName);

            string randomFileName = System.IO.Path.GetRandomFileName();
            Console.WriteLine("GetRandomFileName: " + randomFileName);
        }
    }
}

Visual Basic サンプルコード

Imports System

Module Program
    Sub Main(args As String())
        For i As Integer = 1 To 3
            Console.WriteLine("{0}:", i)
            Dim tempPath As String = System.IO.Path.GetTempPath()
            Console.WriteLine("GetTempPath: " & tempPath)
            Dim tempFileName As String = System.IO.Path.GetTempFileName()
            Console.WriteLine("GetTempFileName: " & tempFileName)
            System.IO.File.Delete(tempFileName)
            Dim randomFileName As String = System.IO.Path.GetRandomFileName()
            Console.WriteLine("GetRandomFileName: " & randomFileName)
        Next
    End Sub
End Module

実行結果

上記サンプルコードを実行したときのキャプチャです。

run.png

以上、テンポラリーファイルの作成、テンポラリーファイルに使用する文字列を生成するサンプルコードでした。



スポンサーリンク


添付ファイル: filerun.png 87件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-03 (日) 11:23:51