このエントリーをはてなブックマークに追加


ファイルなの?ディレクトリなの?の判別方法

System.IO.File.Exists、System.IO.Directory.Existsを使って、ファイルなのかディレクトリなのか?を
判別することが可能ですが、本記事では、System.IO.File.GetAttributesを使って、
ファイルの各種属性(隠しファイル、リードオンリーファイルなどの各種属性)を取得するメソッドを利用し、
普通のファイル属性(System.IO.FileAttributes.Archive、System.IO.FileAttributes.Normal)・ディレクトリ属性(System.IO.FileAttributes.Directory)なのかを判定し
ファイルorディレクトリの判別を行うサンプルコードになります。
尚、ファイルやディレクトリが存在しないと、例外が発生するのでerrorを返却しています。
細かなファイル属性(FileAttributes)までは対応していないサンプルコードなのでご了承ください。

参考サイト

関連記事

File.GetAttributes(String)メソッド

File.GetAttributes(String)メソッドの引数にある、Stringにファイル属性を調べたいパスを文字列(String)で指定します。
指定したファイル(ディレクトリ)が存在した場合、FileAttributes列挙型に該当する値が返却されます。

サンプルコード

File.GetAttributes、FileAttributesを使って、ファイルなのかディレクトリなのか?を判別するサンプルコードを以下に記します。
尚、指定したファイル、ディレクトリが存在しない場合、GetAttributesメソッドは例外を発生させますので、例外発生時はerrorを返却しています。

C#サンプルコード

using System;

namespace GetAttrCS
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            String file = @"C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts";
            String dir = @"C:\Windows";
            String notExist = @"C:\path\to";
            Console.WriteLine(file + ":" + GetAttr(file));
            Console.WriteLine(dir + ":" + GetAttr(dir));
            Console.WriteLine(notExist + ":" + GetAttr(notExist));
        }

        static String GetAttr(String pathto)
        {
            String result = "";
            System.IO.FileAttributes attr ;

            try
            {
                attr = System.IO.File.GetAttributes(pathto);
                if ((attr & System.IO.FileAttributes.Directory) == System.IO.FileAttributes.Directory)
                {
                    result = "Directory";
                }
                else if((attr & System.IO.FileAttributes.Archive) == System.IO.FileAttributes.Archive)
                {
                    result = "Archive file";
                }
                else if ((attr & System.IO.FileAttributes.Normal) == System.IO.FileAttributes.Normal)
                {
                    result = "Normal file";
                }
                else
                {
                    result = "unknown";
                }
            }
            catch (Exception)
            {
                result = "error";
            }

            return result;
        }
    }
}

Visual Basic(VB)サンプルコード

Module Module1

    Sub Main()
        Dim file As String = "C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts"
        Dim dir As String = "C:\Windows"
        Dim notExist As String = "C:\path\to"
        Console.WriteLine(file & ":" & GetAttr(file))
        Console.WriteLine(dir & ":" & GetAttr(dir))
        Console.WriteLine(notExist & ":" & GetAttr(notExist))
    End Sub

    Function GetAttr(pathto As String) As String
        Dim result As String = ""
        Dim attr As System.IO.FileAttributes

        Try
            attr = System.IO.File.GetAttributes(pathto)
            If ((attr And System.IO.FileAttributes.Directory) = System.IO.FileAttributes.Directory) Then
                result = "Directory"
            ElseIf ((attr And System.IO.FileAttributes.Archive) = System.IO.FileAttributes.Archive) Then
                result = "Archive file"
            ElseIf ((attr And System.IO.FileAttributes.Normal) = System.IO.FileAttributes.Normal) Then
                result = "Normal file"
            Else
                result = "unknown"
            End If
        Catch ex As Exception
            result = "error"
        End Try

        Return result
    End Function

End Module

実行結果

実行結果のキャプチャになります。
ファイル(System.IO.FileAttributes.Normal、System.IO.FileAttributes.Archive)、ディレクトリ(FileAttributes.Directory)、ファイルが存在しないためエラーの3つが表示されます。

01.png

以上、System.IO.File.GetAttributesメソッドを使ってファイルorディレクトリ判別のサンプルコードの紹介でした。



添付ファイル: fileModule1.vb 2件 [詳細] fileProgram.cs 3件 [詳細] file01.png 6件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-01 (日) 22:04:58