このエントリーをはてなブックマークに追加


三項演算子の記述例(C#, Visual Basic(VB)

C#, Visual Basic(VB)で三項演算子を使ったサンプルコードを紹介します。
読みづらい、分かりづらいと言われる三項演算子ですが、使い方によってはわかりやすくなると思うのですが…
入れ子の三項演算子はさすがに読みづらいですね。

テスト環境

  • Windows 10 ver.1909
  • Visual Studio 2019
  • .NET Core

C#

C#の三項演算子の構文は以下のようになります。

  • 構文
    結果を受け取る変数 = 条件式 ? 条件が成立した時の返却値 : 条件が成立しない場合の返却値

C# 三項演算子サンプルコード

using System;

class Program
{
    static void Main(string[] args)
    {
        int v;
        string msg = "";

        v = 10;
        msg = v >= 10 ? "10以上です" : "10未満です";
        Console.WriteLine(msg);

        v = 9;
        msg = v >= 10 ? "10以上です" : "10未満です";
        Console.WriteLine(msg);
    }
}

Visual Basic(VB)

Visual Basic#の三項演算子の構文は以下のようになります。

  • 構文
    結果を受け取る変数 = If (条件式, 条件が成立した時の返却値, 条件が成立しない場合の返却値)

Visual Basic(VB) 三項演算子サンプルコード

Imports System

Module Program
    Sub Main(args As String())
        Dim v As Integer
        Dim msg As String

        v = 10
        msg = If(v >= 10, "10以上です", "10未満です")
        Console.WriteLine(msg)

        v = 9
        msg = If(v >= 10, "10以上です", "10未満です")
        Console.WriteLine(msg)
    End Sub
End Module

サンプルコード実行結果

上記のサンプルコードを実行した時の結果です。

01.png

左辺の条件式が成立した場合、成立しない場合のメッセージが変わっているのが確認できます。

以上、C#, Visual Basic(VB)の三項演算子のサンプルコードでした。



スポンサーリンク


添付ファイル: file01.png 58件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-14 (土) 21:29:28